森の入り口

本を読んだり映画を観たり音楽を聴いてどうにか人のかたちを保っています

2019-12-29から1日間の記事一覧

死者の声を呼び覚ます:『めぐり逢う朝』感想(ネタバレあり)

原題は"Tous les matins du monde"(『世界のすべての朝は』) コルノー監督キニャール脚本で17世紀のヴィオラ・ダ・ガンバの名手サント・コロンブと弟子のマラン・マレとの交流を描いた作品。今年はガンバ奏者Hille PerlのCDをよく聴いていたのもあって気にな…

私はいつから夢を見ていたのか:『寝ても覚めても』感想

赤の他人どころか画面の向こうのフィクションの世界の人物なのに、観終わってから一ヶ月経ってもなお彼らのことを考えている。 今年の春先に質問箱を介して『寝ても覚めても』を強くお勧めしてもらっていたが、当時は余裕がなくてあまり観る気になれず、漸く…