オルガンのためのトリオ・ソナタBWV527

私はトリオ・ソナタが大好きだ。とりわけ好きなアンサンブル形態の1つといっても良い。バロック時代を席巻した合奏手法として、いわゆるコンチェルト・グロッソー合奏協奏曲なんかが人気だけれど、私は二声と通奏低音のシンプルなトリオソナタを推したい。

 

トリオソナタで有名なのはまずJ.Sバッハの「音楽の捧げもの」BWV1079に収録されているものだ。バイオリンとフルートと通奏低音のこの単純な構成が、いかに広大な宇宙を作り出しているだろう。この曲に関しての考察は先達がたくさん残しているので割愛する。

 

「音楽の捧げもの」が生まれた晩: バッハとフリードリヒ大王

「音楽の捧げもの」が生まれた晩: バッハとフリードリヒ大王

 

 

さて、ほかには大バッハの次男C.P.Eバッハがたくさんこの編成で曲を残している。

特にロ短調Wq.143なんてもっと知られていいと思っている。

出だしから寂寞感に溢れ、隙間を埋めるのに満たされない。なんて哀しく美しい曲なんだろう。

 

さて本題に入る。そんなトリオソナタを、なんとJ.Sバッハはオルガン一台でやってのけてしまった。斬新な試みである。長男ヴィルヘルム・フリーデマンの教育のためとか言われているようだけど詳しいことは分からない。

 

バッハは1727年から32年にかけて6曲のオルガンのためのトリオソナタを作曲した。

その中の3曲目、BWV527のニ短調が私は愛しくて堪らない。最初の下降音形からもうため息が漏れてしまう。オルガンで書かれた原曲も勿論素晴らしいのだけど、あまりに綺麗な曲なのでみんなして従来のトリオソナタで再編成している。最近何かと騒がれている若手チェンバリストのジャン・ロンドーが通奏低音を弾いている演奏をここに貼って、締めとしたい。